アーカイブ

カテゴリー

キャッシングとクレジットってどう違うの?

キャッシングとクレジットってどう違うの?

お金を借りたいと思ったときに、様々な方法でお金を借りることができるのですが、キャッシングとクレジットはよく似ていると感じる方も多いと思います。

キャッシングとクレジットは似ているように思えても、全然違うものになりますので、利用するときには注意が必要です。

今回は、キャッシングとクレジットの違いについて説明していこうと思います。

キャッシングとは、少額のお金を短期間借り入れるというものです。

しかし、このような意味だけでなく、最近では消費者金融の個人消費者向けのローンのことをさすような意味で使われることもあります。

キャッシングとは、少額のお金を短期間借り入れするという意味だけでなく、金融機関から無担保でお金を借りることと言うこともできます。

つまり、キャッシングとカードローンが同じような意味で使われているということです。

一方で、クレジットというのは「信用」という意味です。

しかし、馴染みがあるクレジットという言葉はクレジットカードだと思います。

ここでは、クレジットではなくクレジットカードに置き換えて説明をしていこうと思います。

皆さんもご存じのクレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能という2つの機能がついていることを知っていましたか?

ショッピング機能を利用している方は多いと思います。

ショッピング機能とは、買い物をしたときなどにクレジットカードを提示して、現金で支払うのではなく、カード会社に支払いをしてもらうというものです。

支払ってもらった金額は、後日カード会社から請求され、指定の口座から引き落としされるような仕組みになっています。

支払い方法は、いくつかあり、お店で会計をするときに選択することができます。

主な支払い方法は、一括払い、分割払い、ボーナス時一括払いです。

一括払いやボーナス時の一括払いは手数料や金利がかかってくることはありませんが、分割払いの場合、金利や手数料がかかってくるので元の料金よりも返済額の方が増えてしまうので注意が必要です。

一方で、クレジットカードのキャッシング機能というのはお金を借りることができるという昨日です。

キャッシング機能をつける場合には申し込みが必要で、利用者の収入や信用情報を伝えて審査を受けなくてはいけません。

審査が通過すると利用限度額が提示されて、その限度額の範囲内であれば何度でも利用できるようになります。

キャッシングの金利は、会社やカードの種類によって違うので一概に何パーセントと言うことができません。

一般的には15~18%ですので、キャッシングの利用を考えている方は頭に入れておくといいでしょう。

ここまで、キャッシングとクレジットについて紹介してきました。

この2つの大きな違いというのは、ショッピング機能がついているかどうかです。

クレジットカードにはありますが、キャッシングにはありません。

他には、返済方法の違いです。

キャッシングの場合は、店頭で返済したり、ATMに振り込んだり様々な方法で返済することが可能です。

しかし、クレジットの場合は、口座引き落としのみとなっています。

また、利用年齢が違うというところも大きな違いになっています。

クレジットカードは18歳から利用することができるのにたいして、キャッシングは20歳からです。

このように、キャッシングとクレジットは似ているようですが、大きく違うということが分かっていただけたでしょうか。

どちらも同じようなものという感覚で利用するのは危険ですので、それぞれの特徴をよく理解することやお金を借りているという意識をしっかりと持って、期間内に返済ができるようにお金を借りるようにしましょう。